コラム Column

乳歯の反対咬合の「早期初期治療」

乳歯列期(2~6歳)の反対咬合(受け口)は、「治療はしないで 永久歯に生え変わるまで様子をみましょう。」とする場合があります。

その理由は 永久歯が生える時に、自然に治ることもあるからという理由もありますが、自然治癒率は7%と言われています。

そのため多くの方が、成長が進むと上顎の成長発育は阻害され、下顎の成長が助長されることで、骨格(顎関係)のゆがみが大きくなります。

そこで、乳歯列の時期に反対咬合を治しておくというのが「早期初期治療」の考え方ですが、これまで、低年齢児でも使用することができる装置がなかったり、歯の型を採るなどの治療が困難であるため敬遠されて考えられます。

プレオルソの利用で、数ヶ月で改善することが多く、永久歯列での反対咬合の予防が期待できます。

 

 

お問い合わせ Contact

お電話でお問い合わせ
タップで電話をかける
WEBからのご予約
WEB 予約歯科衛生士専用 WEB 予約初診の方 コラム TEL 045-914-8810